ドイツの電車で日本人が犯しがちな罰金行為

ドイツ語で無賃電車は「Schwarzfahren」といい、意図していたにしろいなかったにしろ60EURの罰金が科されます。60EURというと1万円いかないくらいの微妙に嫌な罰金ですね。

日本人の中には、わざわざ意図して無賃乗車をするような人は中々いませんが、ルールを間違って解釈したがため、意図せず「Schwarzfahren」してしまうことが少なくありません。僕の周りでも年間に数人はひっかかっている印象です。かくいう僕も、ドイツに住んでいて2回ほど罰金対象となりました(うち、1回は駅員さんの温情によって見逃してもらうことができましたが、滅多におこりません)。

どんな時に罰金が科せられるのか、日本人が犯しやすいミスはどんなものか、順を追ってみていきましょう。

スタンプを押さなかった

一番よくある「無賃乗車」が、買ったチケットに有効期限が印字されるスタンプを押し忘れていたことによって無賃乗車扱いされてしまうことです。特に、ローカルの各駅列車などは、「スタンプを押してから〇〇時間有効」というチケットが少なくなく、チケットを買った駅のホームや電車内で以下のようなスタンプマシンを探さなくてはいけません。

周りを見た感じ、このスタンプの押し忘れが、日本人で最も生じる罰金の原因かなと思います。駅や町ごとにこのスタンプが必要かどうかの判断は異なり、ドイツ生活が長い人でも、別の町に旅行した先でついつい忘れてしまいがちです。

二等車と一等車を乗り間違えた

ドイツの電車って、ぱっと見で2等車と1等車の区別がつかなかったりします。外から見れば「1等車ワゴン」みたいな記載があるのですが、乗ってしまうと判断がつきにくいことも(ドアなどで区切られていたりもしますが)。2等車の切符しかないのに1等車に乗ってしまったら、これも立派な罰金の対象となるので注意が必要です。

有効期限の確認ミス

定期券など持っている人はこの有効期限に注意が必要ですね。路線によっては月ごとの定期が違ったりするので、特に月が変わったばかりの日など、前の月の定期券を持ってきてしまいがちです。ちなみに、路線によっては後から「定期を持っていたこと」を証明することで、罰金を回避できるのだとか。

あと、同日のでも「〇〇時まで有効」とか「〇〇時から有効」といったチケットもあります。

身分証不携帯

一部の周遊チケットなどは自身の身分証明書と紐づいており、自身の身分を証明できるものがないとこれも罰金対象に。

Bahncard不携帯

Bahncardといって、所持していればチケットが安く買える身分証のようなものがあるのですが、これも電車に乗るときは常に携行し続けないと、不当に安いチケットを買ったということで罰金対象。

自転車のチケットを買っていなかった

ドイツの電車は自転車を持ち運ぶことができるのですが、その際に自転車のチケットも一緒に買わないといけません(人間ほど高くなく、近距離の電車であれば300~400円)。

これは、自転車もチケット代が発生することを頭にいれておけば回避できそうな罰金ですが、ドイツの定期券や一日乗車券の中には「自転車も含む」ものと「自転車は含まない」ものとが混在していて、ややこしいです。

個人的な感覚ですが、1週間を超えるようなチケットですと自転車を含まないものが多く、逆に1日乗車券や週末乗車券などでは、自転車も含んでいるような気がします。

間違えた電車に乗った

これも日本人のよく犯しがちな罰金対象です。故意に生じることはなく、大抵は「乗る電車を間違えた」「ホームが変わったことに気が付かなかった」という不可抗力的な事由によって発生します。

特に、ドイツの電車は30分や1時間程度平気で遅れてくるのですが、その際に駅のホームがころころ変わり、チケットに記載されている通りのホームから乗車しても、お目当ての電車ではなかったということが多々あります。

特に、Spar Preisといって、安い代わりにそのチケットに記載されている列車にしか乗ってはいけないというチケットを購入している場合、他の電車に乗ってしまうと罰金対象なので注意しましょう(ただし、NVと呼ばれる短距離路線はどれに乗っても良い、電車が遅延した場合は他の電車に乗ってもいい、など色々温情措置はあります)

駅を乗り過ごした

日本では、切符を買う→改札を通る→電車に乗る→目的地に着く→改札を出る、という「改札」の存在によって、無賃乗車はほとんど起こりえないか、あったとしても故意の犯罪ですが、ドイツでは今回紹介してきたように、不可抗力で起きてしまうことが少なくありません。

電車内でうとうとしてしまい、ついつい自身の目的地を乗り過ごしてしまった、この場合も残念ながら罰金の対象となってしまいます(電車がとても混んでいて降りられなかった、は証明できればセーフなこともあるようですが)。

目的地にはたどり着かないわ、罰金を払わなくてはいけないわ、正規料金で再度目的地までのチケットを買わなくてはいけないわ、と踏んだり蹴ったりの目にあうので、くれぐれもドイツの列車内では寝過ごさないようにしましょう。

Follow me!