ドイツは移住はサバイバル?失敗も成功も見た、ドイツを去っていく5つのパターン

ドイツに住んでいると、ここやヨーロッパに憧れて海外移住を目指して来た人にしばしば会うことがあります。もちろん自分もその中の一人で、四苦八苦しながら気づいたらドイツに移住ができたので彼らと全く変わりありません。しかしドイツに限らず、ヨーロッパ移住をした人には身に染みていることですが、実はヨーロッパに移住をするよりもヨーロッパに残り続ける方が難易度は高く、失敗する人もいます。

ドイツ生活はサバイバル?ドイツを去っていく5つのパターン

前回の記事ではドイツ移住するパターンについて紹介したので、今回は逆にドイツ(ヨーロッパ)を去っていくおおまかな5つのパターンを紹介します。もちろんこれに該当しないパターンもあるので、大体の枠組み程度に捉えてください。

ドイツ生活に満足して成功のうちに日本に帰国していく人もあれば、夢半ばで失敗し泣く泣く帰国する人もいるので、良ければドイツ生活をサバイバルするというのがどういうものか、この記事を読みながら少し想像してみてください。

パターン1:駐在員の異動や転勤

前回の記事でドイツに来る日本人の割合で一番高そうなのは駐在員系のグループと書きましたが、彼らは基本任期があり一つの拠点や国に永住することはありません。大体は3年前後ほどで帰国するか別の国に更に異動させられてしまいます。

このパターンはドイツに派遣される時点で会社に大まかな駐在予定年数を話されていたりするので、駐在員は数年経ってくると「そろそろかな」とソワソワし始めます。個人の都合が反映されづらい反面、引越しはかなりの部分会社がサポートをしてくれるので金銭的は負担はかなり軽減されます。

駐在員は30代〜40代の男性が多いイメージですが、更に上の世代では稀に駐在としてドイツに来た人で、ドイツ人のがあまりに気に入ってしまったとか、ドイツ人の恋人ができたとかで、帰国になった時に仕事を辞めてドイツで転職や開業、起業して残ったという人の話も聞きます。

何年も住んでいる日本人が本帰国の際は荷物を軽くするため色々な物を安く売ってくれる

基本来る時から帰る時まですべて会社からサポートを受けていますし、帰国後もシームレスにキャリアが繋がっていくのでこのグループはドイツを去っていくのに大きなトラブルも無くスムーズに進んでいきます。もちろん人によっては満員電車など日本的な生活のストレスが無いので、ドイツ生活を気に入って「もう日本に帰国したくない」という駐在員の話はよく聞きますが、そんな人たちも日本に帰ったら帰ったで、なんだかんだ楽しそうな話を聞いてドイツにいた頃の繋がりとはご無沙汰になるのもよくある話です。

パターン2:ドイツ(ヨーロッパ)人と結婚して移住後、離婚して帰国

パターン1はある意味予定調和の中なので悲壮感ゼロなのですが、このパターンは悲惨なケースに陥るかもしれません。結婚してドイツ人配偶者との滞在ビザを取得してドイツに移住したものの、残念ながら結婚生活が上手くいかずに離婚に至るケースもある話です。ドイツ語能力など要件はありますが、3年間配偶者ビザでドイツに住んでいると、ドイツでも永住権(ドイツ語:Niederlassungserlaubnis)が貰えますが、逆にいうと永住権を取得するまでは離婚をするとビザが取り消しになります。

Family members of a German national

You will receive your settlement permit if you have held a residence permit for three years, the family unit continues to exist in Germany and you have sufficient knowledge of German.
ドイツ国民の家族
滞在許可証を3年間保持しており、家族単位でドイツに滞在し続け、十分なドイツ語の知識があれば、定住許可証を受け取ることができる。
Reference: Settling in Germany

ドイツでの離婚は日本とは違って別居などいくつか手順を踏まなければならず、長丁場になり心理的にも手間としてもかなりの負担になります。

ドイツ人配偶者と結婚して夢のドイツ移住をしたはずが、ドイツ社会に馴染めず歯車が狂い始めるケースがあります。ドイツ語でのコミュニケーションがおぼつかず、ドイツ人同士の会話に入れないためドイツ人のコミュニティに参加ができない。仕事が上手く見つからない、日本人とばかり関わっていてドイツ人家族からすると、ドイツ社会にちゃんと参加しようとしてないと見えて喧嘩になってしまうなど、国際結婚は色々な所で問題が出てきます。

日本の統計では、日本人同士より国際結婚の方が離婚率が高くなっている

ドイツを去るパターンとはある種逆ですが、話がまとまって日本に帰れた方が幸せなパターンが、子供がいる場合です。日本は2014年からハーグ条約の締結国となり、日本人視点に合わせて簡単に説明すると、ドイツでは離婚後に一方の親の同意無く子供を日本に連れていくのは認められません。

1980年に採択されたハーグ条約は、国境を越えた子どもの不法な連れ去り(例:一方の親の同意なく子どもを元の居住国から出国させること)や留置(例:一方の親の同意を得て一時帰国後、約束の期限を過ぎても子どもを元の居住国に戻さないこと)をめぐる紛争に対応するための国際的な枠組みとして、子どもを元の居住国に返還するための手続や国境を越えた親子の面会交流の実現のための締約国間の協力等について定めた条約です。日本人と外国人の間の国際結婚・離婚に伴う子どもの連れ去り等に限らず、日本人同士の場合も対象となります。
引用:ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)外務省

ドイツで子育てをして離婚に至った場合、子供を置いて日本に帰ることもできないのでドイツに残らざるを得ません。この時に正社員の仕事があれば良いですが、仕事が無かったり収入が不安定な場合は金銭的な問題と子育て両方の問題が出てくるので非常にややこしくなります。ここまでくると、日本に帰りたくても帰れないというジレンマに陥ってしまいます。

パターン3:大学(院)中退して留学失敗の上帰国

夢を持ってドイツに留学する人が毎年いますが、その分一定程度大学の勉強に付いていけず中退する人がちらほらいます。ドイツの大学は日本の大学のシステムとは全然違い自習に重きが置かれており、プレゼンや課題提出など在学中は死に物狂いの勉強が必要になります。大学のプログラムがドイツ語にしろ英語にしろ、第二、第三言語での勉強は非常に苦しいものがあります。

限られた情報源ですが、僕が見てきた範囲で言うと気持ち3割ぐらいの人は大学を中退していきます。勉強に付いていけない人もいれば、試験に合格できず単位を落とす人、新しい環境に馴染めず鬱になっていく人など理由は様々です。

個人的にこのパターンは途中から段々と落ちこんでいく日本人学生が多く、気づいたら人付き合いを絶っていたり、恥ずかしいせいか周りに何も言わずひっそりと中退して日本帰国していくことがあります。なので最初はFacebookやInstagramでドイツ留学をエンジョイしている雰囲気が見れるものの、途中から姿が見えなくなるのに合わせてSNSの更新頻度も減っていったりします。このパターンはお別れすら言えないこともあり、高い可能性で縁が切れてしまいます。

パターン4:ドイツの大学(院)卒業後に日本帰国

学生ビザでドイツ留学に来て成功してきた人もいずれは卒業という人生の岐路にぶつかります。ドイツでの大学(院)生活も卒業した後も延々とドイツに残ることはもちろんできないので、さらに進学するなり、就職するなり日本に帰国するなり選択が必要になります。ただ自分の周りの話をすると、このタイミングで日本に帰国する人が多数の印象があります。帰国と言っても大まかに2つのケースに分かれていきます。

ケース1:日本で就職のため帰国

日本にいるようなフィジカルな就職活動こそできないものの、最近は日本でもインターネットを通じて就活ができる部分が多くなりました。日本にいるよりはハンデはありますが、それでも会社側も事情を汲んで特別にオンラインで面接をさせてくれることもあります。限られた例ですが、僕の知り合いはドイツ留学中にオンラインで就活を行い、マイクロソフトから内定を貰って卒業・帰国まで勤務開始を待ってもらった人がいます。

最初からドイツ留学後に日本に帰るのを前提にしている人もいますので、こういった人たちはやり切った感があって満足してドイツを去っていきます。

ケース2:ドイツで仕事が見つからないため帰国

これまた悲惨なケースなのがドイツの大学卒業後、ドイツ滞在を希望するものの仕事が見つからないため泣く泣く帰国するパターンがこちらです。留学中は課題や試験、卒論に追われてドイツでの就活まで手が回らず、やっと卒業したと思ったらドイツでどう就活をして良いかわからず、途方に暮れてしまう人もちょこちょこ見かけます。ドイツにはヨーロッパのみならず、世界中から人材が集まってくる面もあるため、就活はかなり競争が厳しい面も事実なのです。ヨーロッパの言語を二つ三つ使えるようなヨーロッパ人はゴロゴロいるので、ドイツ現地企業から内定を貰うのは簡単ではありません。

2017年の少し古い記事ですがBusiness Insiderに興味深い記事があります。

現地就職したのは6%

ディスコキャリタスリサーチが2017年の2月~3月にかけて行った調査によると、日本人で海外留学経験のある9割以上(ぜひ働きたい=72.8%、どちらかといえば働きたい=19.1%)が海外での勤務を希望していることがわかった。これは留学経験のない学生の45.2%(ぜひ働きたい=19.2%、どちらかといえば働きたい=26%)と比べても極端に高い。

(中略)

しかし、現実はそう簡単ではない。JASSO(日本学生支援機構)が2011年に行った日本人留学生の追跡調査によると、留学後に現地就職した学生の割合は5.8%。2004年の2.8%と比較して増えてきてはいるものの、留学生にとってまだまだ現地就職の壁は高い。
引用:「日本で就職せざるを得ない」グローバル就活に挑むエリート留学生がぶつかる壁

この記事は主にアメリカについてですが、ドイツも似たような側面があります。ドイツ大卒という肩書きは箔がつく反面、「良い企業で働きたい」というプライドも生まれてきます。ヨーロッパでのキャリアを積んでいないのに、ドイツで世界的な多国籍企業や超大企業にばかり応募してていて面接にすら呼ばれないのは残念ながらよくあるケースです。

良くも悪くもドイツ大卒というプライドが本人の妥協を妨げてしまい、気づいた時には資金が尽きてしまった、就職の機会を逃してしまったという人も見てきました。こうなると折角ドイツの大学を卒業したのに、最後の最後で躓いてしまって成功したのに落ちこんで帰るという非常に後味の悪い結果になります。

ドイツに限らずヨーロッパでは日本のような就活シーズンも新卒入社も存在しないので、早い段階での情報収集が鍵になります。個人的なアドバイスですが、例えばドイツには日系企業が多く進出していても、日系企業もいつでも人材を募集しているわけではありません。日系企業は募集をオープンに行わないこともあるので、卒業が見えてきた段階で、自分からは積極的には探さずとも日系企業に斡旋してくれるようなリクルーターに応募しておいて、リクルーターさんからアドバイスを貰っておくのがおすすめです。

パターン5:試用期間でクビ

失敗して帰国せざるを得ないパターンは基本どれも後味が悪く甲乙つけ難いのですが、この試用期間でクビになってしまうのも見ていて辛いものがあります。日本では試用期間でクビになる人は全然いないでしょうが、ドイツでは試用期間を超えることは非常に大切です。

新しい雇用契約を結ぶときは大体3ヶ月か6ヶ月の試用期間が課せられていて、この期間内であれば両者合意が無くても簡単に仕事を辞める、辞めさせることができます。なのでドイツで就職ができても簡単には喜べず、この試用期間が超えるまで安心することはできません。日系企業は現地企業ほどドラスティックに試用期間ですぐにクビにすることはあまり多くありませんが、多国籍企業やドイツ現地企業だとこの試用期間で「会社に利益をもたらせる存在」をはっきりとアピールする必要があります。そうでないと、会社からすれば他の人材を雇った方が良いと思われてあっさり解雇されてしまいます。

特に試用期間で解雇されてしまうと、失業保険の受給資格が無いケースもあるので一気に追い詰められてしまいます。

特に見ていて辛いケースが、ドイツで初めての就職で試用期間でクビ→日本帰国の合わせ技です。日本や海外からドイツに就職して来たケースや、ドイツの大学を卒業して初めてドイツで就職したものの、試用期間でポイ捨てされて自己資金もビザも切れて日本帰国した人を数人知っていますが、彼らはみな、正直なんとも声をかけられない悲壮感に溢れています。離婚のケースも大学中退のケースもかなり悲惨なケースがありますが、こちらも人生設計を狂わせられるレベルのダメージを負っている人もいるので、聞いてるだけで胸が痛くなっていきます。

結論:ドイツサバイバルは難しい

ドイツ移住は色んな所に落とし穴があり、正直ドイツ生活は難しい部分も少なからずあります。全員が全員幸せにやっていけるわけではありません。それでもドイツを去っていく人にも上で紹介したように、ある程度のパターンがあります。人生何が起こるかわかりませんが、ある程度準備をしておくことで移住の難易度を下げたり、悲惨なパターンを防いだり、ダメージを軽減できます。ぜひこの記事を読んでドイツ移住の準備と失敗の予防をしてください。

Follow me!