10歳でほぼ進路が決まるって本当?!ドイツの学校システム

7歳になる年に就学し、小学校→中学校→高校→大学や専門学校、という進路が全国一律な日本ですが、ドイツの学校システムは子供の成績や将来何を目指すか、また州によっても大きく異なります。僕は日本で教育を受けて大人になってからドイツに移住したので自分事として経験はしていませんが、ドイツでは約10歳(小学校4年生)でざっくり将来が決まってしまうという話に驚きます。小学校4年生って、ほとんどの子供はまだ遊ぶことしか考えてませんよね…自分は放課後友達と虫取りや鬼ごっこして遊び暮らしていた記憶しかありません。

普段付き合っているドイツ人たちがどのような学生生活を過ごしてきたか、ドイツに住む上で知っておいて損はないと思うので、また保活・幼活の時に話を聞いた親戚(バイエルン州在住)に詳しく聞いてみました。

ドイツの学校システムについてざっくり

ドイツの義務教育機関は、大きく分けてグルンドシューレ(Grundschule:基礎学校)オーバーシューレ(Oberschule:上位学校)の2つに分類されます。グルンドシューレはすべての子供が同じように通う、いわば小学校にあたるもので、通学年数は短い州で4年間、長い州で6年間です。その後、成績や本人の進路希望によりギムナジウム(Gymnasium:中高一貫校)やレアールシューレ(Realschule:中学校)などのオーバーシューレで9〜13年生まで学びます。

続く高等教育機関には大学や専門学校がありますが、そういった機関で学ばない場合は、中学校卒業後に3年間のベルーフスシューレ(Berufschule:職業学校)通いが義務付けられている州もあります。

バイエルン州の学校と進路

では具体的にどんな学校があり、就学後の進路が考えられるのかをお話していきたいのですが、ドイツの学校システムは州によって違いがありすぎてひとくくりに話すのが難しいので、親戚が住むバイエルン州のシステムを例に紹介したいと思います。
バイエルン州の学校システム

出典:Bayerisches Staatsministerium für Unterricht und Kultus “Das bayerische Schulsystem”

全生徒共通のグルンドシューレ(Grundschule)を卒業すると、進路は3つに分かれます。進路を決めるものは、ほぼ成績です。成績が良い順からギムナジウム(Gymnasium)レアールシューレ(Realschule)ミッテルシューレ(Mittelschule)となります。ざっくり説明すると、義務教育後の将来的に、ギムナジウムは大学進学する子、レアールシューレは専門学校や職業学校で学ぶ子、ハウプトシューレは就職する子が進学するという感じです。

(1)ギムナジウム → 中高一貫校を修了後、卒業試験を経て大学進学
(2)レアールシューレ → 義務教育修了後に職業訓練を経て就職、あるいは専門学校を経て大学進学
(3)ミッテルシューレ → 義務教育修了後に就職、あるいは職業訓練

(2)から(1)など、途中で進路を変える道も開かれていますが、よほど成績が良くない限り難しいと聞きます。ほぼ10歳で将来が決まってしまうと言われるのはこのためです。

イメージしやすいように時系列で言うと・・・

【義務教育】

1〜4年生:グルンドシューレ(Grundschule) ※日本の小学校にあたる、全生徒共通の学校

—————————-  進 路 の 分 か れ 道  —————————-

5〜10年生:ミッテルシューレ(Mittelschule)、レアールシューレ(Realschule) ※日本の中学校にあたる
5〜13年生:ギムナジウム(Gymnasium) ※日本の中学校と高校にあたる

—————————-  進 路 の 分 か れ 道  —————————-

【それ以降の高等教育機会】

ミッテルシューレ/レアールシューレ修了後
3年間:ベルーフスシューレ(Berufsschule im dualen System/Berufsfachschule:職業学校)

レアールシューレ修了後/職業学校修了後
3年間:ファッホシューレ(Fachakademie/Fachschule:専門学校)、ベルーフスオーバーシューレ(Berufliche Oberschule BOS/Berufliche Oberschule FOS:職業高等学校)

ギムナジウム修了後
4年間〜:ウニヴェルシテート(Universität:大学)

ミッテルシューレ(Mittelschule)とは?

ミッテルシューレ(5〜9/10年生)は基礎的な学力を身に付けるための学校で、将来の就業に必要な知識などを中心に学びます。授業内容は職業・実務を重視したものになっています。修了後は即就職する道だけでなく、働きながら職業学校で学んだり、職業訓練(Ausbildung)を受けてより専門的な職業を目指すこともできます。

〜ミッテルシューレ修了後の進路〜
→ 就職
→ 職業学校(Berufsschule)
→ 職業訓練(Ausbildung)

レアールシューレ(Realschule)とは?

レアールシューレ(5〜10年生)は、論理的思考を身に付け、幅広い職業を視野に入れて能力を磨くことを命題とした中間的レベルの学校です。修了後、職業に直結した専門学校や単科大学で学びを深めることを前提としており、成績によってはギムナジウムへの編入や、専門学校を経て総合大学進学も可能です。

〜レアールシューレ 修了後の進路〜
→ 職業学校(Berufsfachchule)
→ 職業訓練専門学校(Fachschule über Berufsausbildung/Fachakademie über Berufsausbildung/Berufsoberschule über Berufsausbildung)
→ 専門学校(Fachoberschule)
→ カレッジ(Kolleg)
→ ギムナジウム編入

ギムナジウム(Gymnasium)とは?

ギムナジウム(5〜13年生)は高等教育機関(大学)で学びを深めることを前提とした、日本の中学と高校にあたる学校です。幅広い教養と、アカデミックな研究につながる基礎知識・学力を身に付けることを命題としています。ギムナジウム修了試験(Abitur)の成績によって、進学できる大学や学部が決まります。

〜ギムナジウム修了後の進路〜
→ 総合大学(Universtät)
→ 単科大学(Hochschule)

ドイツの就学時期

このように複雑なドイツの学校システム、何歳からスタートするのでしょうか?結論から言ってしまうと、明文化されたルールはありません。ドイツ在住の子供達が小学校に入学するのは、一般的に5歳(6歳になる年)〜6歳(7歳になる年)。少なくとも5歳以上であって、小学校の授業に付いていける能力が十分にあると判断されれば就学が可能なようです。特別な理由がなければ6歳になる年に就学するのが一般的ですが、ここ数年はコロナ禍で自宅学習やオンライン授業が増えたことに不安を持ち、就学を遅らせる家庭が以前より多くなったと聞いています。

バイエルン州では、就学可能年齢になる約1年前(4〜5歳)に保健所(Gesundheitsreferat)から手紙が届き、専門医による就学前検診(Schul-Eingangs-Untersuchung、Gesundheitsuntersuchung zur Einschulung)で心身の発達をチェックして就学の可否を判断されます。ドイツは9月始業で、9月前後の誕生日の子供は日本でいう早生まれにあたるため(バイエルン州では7月1日から9月30日まで)、検診結果や親の希望、小学校や幼稚園からのアドバイスによっては就学を1年遅らせる(7歳になる年に就学する)という選択も取れるようになっています。

参考資料:
Bayerisches Staatsministerium für Unterricht und Kultus “Das bayerische Schulsystem”
Bayerisches Staatsministerium für Unterricht und Kultus “Einschulung”

Follow me!