覚えておくべきドイツ語「略語」集!日常生活&ビジネスで必須

日本人は言葉を省略するのが大好きな民族だと思いますが、実はドイツでも略語はめちゃくちゃ目にします。ドイツ語の略語・省略形は“Abkürzung[en]”と呼ばれ、ビジネスや友達とのメール、張り紙やウェブサイト上など、ドイツで生活しているとありとあらゆる場所・場面で遭遇します。とにかく登場頻度が高いのですが、知らないと完全にイミフなので頻出パターンを覚えておく必要があります。

ドイツ語の略語の成り立ち

日本語の略語と似ていて、
(1)長い複合語内の音節の頭文字を取って短くする
(2)フレーズ内での各単語の頭文字を取って短くする

の2つのパターンがあります。

【(1)の例】
SEVSchienenersatzverkehr):振替輸送を行う代替交通機関

ドイツあるあるなのですが、SバーンやUバーンが工事中で使えない時によく代替移動手段としてバスが出ています。そんな時に駅の張り紙で見かける略語が“SEV”。分解すると、Schienen(鉄道)Ersatz(代替)Verkehr(交通)の3つの単語で成り立っており、各単語の頭文字を取って“SEV”としています。

【(2)の例】
usw.:…などなど

und so weiter”の各単語の頭文字を取った略語です。例としては、“Im Frühling und Sommer kann ich viele Obst und Gemüse im meinen Garten pflucken. Erdbeeren, Tomaten, Gürke, usw. といった感じで、当てはまるものが複数ある時に最初に2・3個を挙げて「それと同じような諸々」を続けたい場合に使います。

略語が重宝される理由

ドイツ語も日本語と同じで、既存の単語をつなげることでどんなに長い複合語でも作ることができる言語です。そのような長い単語を毎回書いたりPCで打ったりすることは面倒だし時間がもったいないので、それを簡略化するという目的で重宝されているのだと思います。
ドイツ語の長い単語として有名なのは、“Donau/dampfschiffahrts/elektrizitäten/hauptbetriebswerk/bauunterbeamten/gesellschaft”(ドナウ/汽船/電気事業/本工場/工事部門/下級官吏組合)ですよね。便宜上単語の切れ目にスラッシュを入れてみましたが、6つの単語はさらに分解することも可能なので、一体いくつつなげているんだ、という感じです。

ドイツ語の略語は、日本語に比べると書き言葉で使われることが圧倒的に多い印象です。話し言葉でも使われる略語と言えば、すぐ思い当たるのは “Uni”(Universität:ウニ)、“H-Milch”(haltbare Milch:ハーミルヒ)、“Kita”(Kindertagesstätte:キタ)、“WG”(Wohngemeinschaft:ヴェーゲー)、“FKK”(Freikörperkultur:エフカーカー)、“LKW”(Lastkraftwagen:エルカーヴェー)、“PKW”(Personenkraftwagen:ペーカーヴェー)あたりでしょうか。

略語の種類

ドイツ語の略語は、大きく4つの種類に分けられます。各種類ごとに、よく使われる略語を紹介します。

(1)名詞
(2)形容詞・副詞
(3)フレーズ・言い回し
(4)接続詞・前置詞

初級:日常生活でよく見るレベル

【名詞】
<一般>
EG(Erdgeschoss):地上階
OG(Obergeschoss):上階(2階以上)
Et.(Etage)/ E.(Ebene):…階
2-ZW(Zweizimmerwohnung):2部屋のアパートメント
VHS(Volkshochschule):市民大学
e.V.(eingetragener Verein):社団法人
EL(Esslöffel):大さじ
TL(Teelöffel):小さじ
MHD(Mindesthaltbarkeitsdatum):賞味期限
Nr.(Nummer):番号
Sek.(Sekunde):…秒
Std.(Stunde):…時間

<交通>
Bf.(Bahnhof):駅
Hbf.(Hauftbahnhof):中央駅
StVO(Straßenverkehersordnung):道路交通規制

<買い物>
MwSt.(Mehrwertsteuer):付加価値税
UVP(unverbindlicher Verkaufspreis):希望小売価格
AGB(allgemeine Geschäftbedingungen):一般取引条件

【形容詞・副詞】
ca.(circa):約…
inkl.(inklusiv):…を含む
evtl.(eventuell):場合によっては

【フレーズ・言い回し】
z.B.(zum Beispiel):例えば
d.h.(das haißt):つまり、言い換えれば
p.P.(per Person):一人あたり

中〜上級:日常・ビジネス・学校でたまに使うレベル

【名詞】
<一般>
Abs.(Absatz):文章の段落・節
Ziff.(Ziffer):条項、項
AT(Arbeitstag):勤務日
Anl.(Anleitung):説明書
KW(Kalenderwoche):カレンダー週

<数>
1 H. (Hundert)     :百 =100
1 Tsd.(Tausend)     :千 =1,000
1 Mio.(Million[en])  :100万 =1,000,000
1 Mrd.(Milliarde]n]):10億 =1,000,000,000
1 Bio. (Billion[en])  :1兆 =1,000,000,000,000
1 Brd.(Billiarde[n]) :1000兆 =1,000,000,000,000,000

<職場・役場関連>
GmbH(Gesellschaft mit beschränkter Haftung):有限会社
AG(Aktiengesellschaft、Arbeitsgemeinschaft、Arbeitgeber):株式会社、研究会・グループ、雇用主
AN(Arbeitnehmer):被雇用者
Abt.(Abteilung):部署
AA(Arbeitsamt, Arbeitsagentur):労働局、職業紹介所・エージェント
ALG(Arbeitslosengeld):失業手当
Ang.(Angestellte[r]):会社員

<学校関連>
G / GS(Grundschule):基礎学校
O / OS(Oberschule):高等教育を行う学校
HSch.(Hauptschule):基幹学校
RSch.(Realschule):実科学校
Gymn.(Gymnasium):ギムナジウム
HSA(Hauptschulabschluss):基幹学校の修了資格
Abi(Abitur):アビトゥア(ギムナジウム卒業時に取得する大学進学資格)
Lg.(Lehrgang):コース
FB(Fachbereich):専門分野

【形容詞・副詞】
bzgl.(bezüglich):…を参照
zit.(zitiert):…を引用
zzgl.(zuzüglich):…プラス、…に加えて
insb.(insbesondere):特に
zz. / zzt.(zurzeit):今のところ

【フレーズ・言い回し】
o.Ä.(oder Ähnliches):…と類似するものとして
o.ä.(oder ähnlich):…と類似として
a.A.(anderer Ansicht):違う意見である、別の見方である
a.D.(außer Dienst):出勤外である、休みである
z.T.(zum Teil):一部は、部分的には
v.a.(vor allem):とりわけ
i.d.Z.(in diesem Zeitraum):この期間中

【接続詞・前置詞】
bzw.(beziehungsweise):または、もしくは
bspw.(beispielweise):例えば
ggf.(gegebenenfalls):場合によっては、必要に応じて
gem.(gemäß):…によれば

Follow me!