【ワークライフバランス】ドイツと日本の祝日数を比べてみた

ドイツをはじめとする欧州の労働環境を考えたときに、「日本より休みが多くて働きやすそう」というイメージを持つ人が多いのではないかと思います。実際ドイツでは法律で労働者の権利が守られていることに加えて、労働組合が強いので、ストライキは日常茶飯事、有休消化率も100%に近かったりします。

ただよく聞くのは、「公的な休み(法定祝日数)は日本の方が多い」という話。確かにドイツは支給される有休日数が平均的に日本より多い+有給消化率が高いので「休みが多い」というイメージですが、実際のところどうなのか調べてみました。

ドイツの祝日数

ドイツは連邦共和国なので、祝日にあたる日や祝日数も州によって違いがあります。2022年の祝日数を数えてみたところ全国共通の祝日は9日、その他に州によってあったりなかったりする祝日が8日。ドイツはキリスト教の国なので、「Ostern」(復活祭)や「Christi Himmelfahrt」(キリスト昇天祭)などその多くはキリスト教関連の祝日で、宗教関係でない全国共通の祝日は「Neujahr」(元日)、「Tag der Arbeit」(メーデー)、「Tag der deutschen Einheit」(ドイツ統一の日)くらいです。

◉2022年法定祝日
ドイツの祝日2022年

13日・・・バイエルン(BY)
12日・・・バーデン=ヴュルテンベルク(BW)、ザールラント(SL)、ザクセン(SN)、テューリンゲン(TH)
11日・・・ノルトライン=ヴェストファーレン(NW)、ラインラント=プファルツ(RP)、ザクセン=アンハルト(ST)
10日・・・ベルリン(BE)、ブランデンブルク(BB)、ブレーメン(HB)、ハンブルク(HH)、ヘッセン(HE)、メクレンブルク=フォアポンメルン(MV)、ニーダーザクセン(NI)、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン(SH)

全州の中でもっとも祝日数が多いのはバイエルン州でした(13日)。ただ、「Mariä Himmelfahrt」(聖母被昇天の祝日)を祝日とするのはバイエルン州内でもクリスチャンが多い地域のみなので、これをカウント外とした場合は祝日数が12日の4州に並びます。この結果を見ると、南部に位置する州の方が北部〜中部に位置する州よりも祝日数が多い傾向にあるようです。

日本の祝日数

一方の日本の場合、法律で決まっている祝日は全国一律。数えてみたら16日間でした。学校が休みな場合もある「都民の日」や「県民の日」は公的な祝日ではないので仕事は休みになりません(学校休校は茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・山梨県のみ)。

◉2022年の国民の祝日
日本の祝日数2022年

祝日数は日本、トータルの休みはドイツに軍配

単純に祝日数で比較すると定説どおり日本の方が3〜6日ほど多いですが(私は日本の祝日がもっと多いと思っていました)、有給休暇も併せて考えると話が変わってきます。

ドイツでフルタイム会社勤めの場合、付与される有給休暇日数は週5日勤務で最低20日、週6日勤務で最低24日と法律で定められています(※1)。もちろん性別、年齢、業種、役職、企業規模などの要素によって日数は違ってきますが、通常30日前後、平均で年間28.9日付与されているという報告があります(※2)。

つまり、法定祝日10〜13日+有給休暇30日前後でだいたい年間40日くらいは休める日があるということです。ドイツでは雇用主が労働者に有給休暇を取らせる義務があり、有給休暇取得率は100%に近いですから、ほぼみんな40日休んでいるということになりますね。さらに日本と違って病気や怪我の場合は病欠、子供の病気看護休暇なども取れますから、そのような事情で有給が減っていくこともありません。ドイツでは、有給休暇はただ「休息を取ってエネルギーチャージする」ために取るものなのです。

【出典】
※1:Bundesurlaubsgesetz (BurlG), ”Mindesturlaubsgesetz für Arbeitnehmer
※2:TK Krankenkasse, ”Wer hat die meisten Urlaubstage in Deutschland?

一方、日本の年次有給休暇日数は平均17.9日で、実際労働者が取得した日数は10.1日(取得率56.6%)と報告されています(※3)。法定祝日16日+有給取得約10日で考えると、年間休んでいる日数は約26日。病欠のことも考えると、ドイツには2倍近く水を空けられています。昔よりは改善されてきたとはいえ、日本はまだまだワークライフバランスが整った国とは言い難いですね。

【出典】
※3:厚生労働省「令和3年就労条件総合調査の概況

まとめ

働くならドイツ、消費者として生活するなら日本がいいというのが5年間ドイツで働き、生活してきた私の結論です。今回のテーマである休みの多さに加え、労働者の権利が守られていること、閉店法で店舗の深夜営業を禁止して長時間労働がはびこらない体制がきっちり作られていることがその理由です。

しかし裏を返せば、日本のように昼夜問わず24時間コンビニで買い物ができるような利便性はなく、チップを払ってさえも日本で受けられるレベルのサービスを期待することなど到底不可能で、ある意味、消費者側の寛容さと我慢の上で成り立っている働きやすさであるとも言えると思います。

Follow me!