ドイツの就職面接で日本人がされやすい質問と回答一覧

ドイツの就職面接では、日本ではあまりされないような特殊な質問をされることが少なくありません。それぞれの質問の裏には意趣があり、これらの受け答えを間違えると、簡単に面接ではじかれてしまいます。

今回は、僕の就職時の面接の受け答えを元に、ドイツの企業で面接をするとどんなことを聞かれるのか、どのような回答が受けが良いのか、についてまとめていきます。

自身の自己紹介

まず最初に聞かれやすいことの一つに、「自己紹介」があります。当然、面接官はこちらの経歴を履歴書を通じて知っていますので、この「自己紹介」を求める背景は、どちらかというと応募者に対し「まずは自分の話しやすい事から話してね」という意味合いを含みます。

企業によっては1分とか3分とか、時間を区切ってくるところもありますが、大抵の場合で、これら時間を遵守する必要はなく、多少足が出ても問題ありません。

自己紹介時に特に力を入れて話すこととしては、自身の学歴と職歴です。特に、職歴に関しては後程詳しく突っ込まれますが、学歴やそれ以前の経歴に関しては、この自己紹介を場を借りて語ってしまうのが良いでしょう。

  • 大学の専攻
  • ドイツに来た背景
  • 簡単な職歴

これらを1分ないしは3分程度にコンパクトにまとめれば、自己紹介の部分はクリアです。僕の場合、日本での職歴が(悪い意味で)多かったので、特に現在応募するポジションと密接に関わっている業種と実績についてつらつらと語りました。

前職での履歴

さて、自己紹介と重複する部分が出てきますが、大体の面接では「前職で何をしていたのか」を聞かれます。場合によっては、前職=直近の前の職場、ではなく、応募ポジションと密接に関連している職種のこともあります。

僕の場合は、転職を繰り返し職歴が多かったため、以下のことについて説明を求められました。

  • なぜこんなに転職が多かったのか
  • 一番この中で実績を残した会社はどこか

一つ目の質問に関しては、正直に会社と馬が合わなかったことと、残業があまりに多すぎて健康を害してしまったことを挙げました。日本という社会は一度レールから外れるとまたレールに戻ってくるのが難しく、大卒で得た新卒のカードを一度手放してしまって以降、まともな職につけなかったことを説明しました。

二つ目の質問に関しては、最後に一番長く勤めていたブラック企業の実績を紹介しました。ドイツ側からしたら実際に前の職場の社員に聞いて確かめるわけにもいかないので、多少盛ってしまっても通じてしまいます。

良いことに、ドイツでは「営業経験者」という肩書は割と不足しています。ドイツの社会システムでは、10代のころから将来の道が決まり、職人コース、学者コース、経営者コース、等ざっくりと人生のルートが決められます。そんな中で「営業(Vertrieb)経験」は、ドイツの中でもちゃんとした専門職の一つで、給与水準も悪くありません(中小企業でも、エース級であれば年収1000万円程度)。低学歴のアラサーがドイツ就職で高給取りに生まれ変わった方法

現在のポジションに応募した動機

ドイツ企業が大きく評価する質問事項の一つが「なぜこのポジションを応募したのか」です。この質問には「応募ポジションのことをよく理解しているか」「期待値にギャップがないか」「期待と違った職種で、すぐに辞めてしまわないか、という意図が込められています。」

僕の職種は貿易関係の職種で、業種が日本にいたときに働いていた業界と酷似していたため、その点が動機として訴えやすくありました。日本時代にブラック企業で鍛えられたため、幸いにも商品知識はついており、ドイツでも多少の再勉強で商品理解についていけることが幸運でした。

基本的には、「自分の強みを貴社で活かせるからです、こうこうこういう理由です」という論法で訴えると、人事の心をつかみやすいように思います。

将来のキャリア

こちらも、入社後の期待とギャップについての質問になります。企業でどういうステップを踏みたいのか、どういう仕事生活を期待するのか、というのも面接時に聞かれました。

僕としては、仕事を通じて自身の軸となるような強みを身に着けていきたいため、チャレンジングな仕事にはどんどんアサインさせてほしいこと、それが難しく見えてもやり遂げていきたいことを訴えました。

ちなみに、ドイツではサラリーマンの生き方は二つあり「まったり薄給」「激務で高給」です。後者を選ぶ場合、労働者天国のドイツには似合わないような休日出勤や時間外残業が必要になることもあります。この辺の将来に関する意気込みに関しては、Step Stoneなどでも(ドイツ語)で詳しく解説がされているので、ドイツ語が読める人は参考にしてみても良いでしょう。

どれくらいの年収を希望するのか

非常に答えづらい質問の一つですが、ドイツで就職面接する際には必ずと言っていいほど聞かれます。無難な回答としては、前職の給料を引き合いに出して、それと同等か、ちょっと多いくらいであればいいですよ、という論調です。

僕の場合、前職の年収が300万円と、ユーロ換算で23000ユーロ、パートタイム並みの給料だったので、多少色を付けて、「30000ユーロ」くらいが希望です、と就職時に訴えました。ちなみに、この30000ユーロというのは、独身で一般的な生活をドイツで営む上での最低ボーダーラインだと思います。

ネット上には「50000ユーロ」「60000ユーロ」「1000万円」という数字も踊っていますが、基本的に日本からドイツに移住したての者にとっては、30000~40000くらいが無難なラインだと思います。

ちなみに、ドイツの場合能力次第ではここから年収がぐんぐん上がることもあるので、スタート地点が年収30000ユーロ程度でも、実績を上げるとすぐに業界平均年収を追い抜けるのが長所でもあります。

【徹底検証】ドイツにおける日本人の平均給与・年収を丸裸にします!」の記事でドイツでの年収事情について計算していますので、参考にしてください。

なぜドイツに来たのか

最後に、日本人応募者特有の質問かと思いますが、「なぜ貴方はドイツに来たのですか」「ずっとこっちで暮らすつもりですか」という質問もよくされます。これは、裏を返せば「貴方はすぐに辞めて日本に帰ってしまったりしませんよね」という意味合いを持ちます。

そのため、人事の人が安心するような具体的な理由を説明できれば理想的でしょう。例えば配偶者がドイツ人である、ドイツに家がある、ドイツで永住権を持っている、などなど。

僕には、こうした人事を納得させられるような強固な理由はありませんでしたが、自身の半生と、不退転の覚悟でドイツに来た旨を説明し、納得してもらいました。

Follow me!